ファイナンシャルプランナーに相談して保険の悩み解決【LIFEサポート】

家族で加入

自転車運転中に接触事故が起こり得ます

近場を行き来するのに便利な乗り物といえば自転車です。幼稚園児から老齢の方まで手軽に運転することができる乗り物で、現在の生活に欠かすことのできないものです。 この自転車ですが、道路交通法上では軽車両に分類されており、公道を通行する際は同法が適用されます。左側通行や一時停止などはバイクと同様の扱いになります。また、自転車は車道を通行することが原則ですが、車道を通行できない場合に限り歩道を通行することができます。歩道を通行する際に発生するのが、歩行者との接触事故です。歩行者が歩きスマホをしていた場合など、不注意があった場合でも、責任割合は自転車運転者の方が高くなります。事故が起こった際に備えておきたいのが自転車保険です。

月額数百円から自転車保険に加入できます

近年、自転車と歩行者の接触事故があり話題となりました。歩行者に今後の生活に支障をきたすほどの重大な障害が発生してしまい、自転車運転者側に数千万円の賠償金支払いが命じられました。このように、手軽に運転できる自転車ですが、事故を起こしてしまった際に多額の賠償金を請求される可能性があります。 自転車保険に加入しておけば、自転車運転中に発生した事故に対し保険金が支払われます。自転車保険は月額数百円の保険料で加入できますので、自身や子どもが日常的に自転車を運転する方には加入することでメリットがあります。また、事故の被害者になった場合でも、お見舞金が支払われることもあります。自転車保険に加入し安全に運転しましょう。